トップページ 前ページに戻る


調査対象及び担当者

【調査対象】

企業 : OSG

商品 : 超硬工具

【担当者】

(担当:ちく和ぶこんぶ、22歳、女性、学生)

コメント

1. CSRレポート主観

冊子の請求に関する情報はなかった。

2. CSRレポート主観(前年)

リンクが貼ってあり、バックナンバーも読める。

3. GRI対照表主観

特になし。

4. 第三者機関コメント主観

環境報告書2006には、第三者意見のページがあるが、2006年度以降の報告書には該当するページが無かった。

5. 自社批判・苦言主観

特になし。

6. 自社批判・苦言改善主観

特になし。

7. CO2削減主観

環境報告書2009に下記の記載があった。
2005年からのエネルギー増加に対して、CO2総排出量はほぼ横ばいとなっています。これは重油による自家発電からエネルギー効率の高い購入電力に順次切り替え、重油の使用量を削減してきためです。2008年度はエネルギー源の転換がなく、購入電力の増加に伴い、CO2も微増しました。
1990年度のCO2総排出量のデータが無いので、削減率が正しく評価できなかった。

8. グローバルコンパクト主観

特になし。

9. ISO14001取得主観

特になし。

10. ISO26000取得主観

特になし。

11. その他

当社の環境報告書は、例年30ページ以上あったが、2009年度版は16ぺージに収まっていた。
ページ数が多いほうが優れているわけではないが、第三者意見など加筆する余地はたくさんある。
CO2は増加傾向にあったが、総排出量のデータを記載している点、近年の増加傾向の原因を明らかにしている点には、好感が持てる。